https://www.youtube.com/watch?v=9OStaSA8tKk
HUDネオトーキョー GPS-W1 GPS+シガーソケットで簡単設置ヘッドアップディスプレイ [翌日発送]
HUDネオトーキョー GPS-W1 GPS+シガーソケットで簡単設置ヘッドアップディスプレイ [翌日発送]
HUDネオトーキョー GPS-W1 GPS+シガーソケットで簡単設置ヘッドアップディスプレイ [翌日発送]

HUDネオトーキョー GPS-W1 GPS+シガーソケットで簡単設置ヘッドアップディスプレイ [翌日発送]

通常価格
¥19,800
セール価格
¥14,800

12/24まで特別価格!

「HUDネオトーキョー GPS-W1」は、GPS+シガーソケット接続のため、あらゆる車両に後付で装着可能な自動車用ヘッドアップディスプレイです。

さらに投射専用スクリーンを標準装備。簡易なフロントガラス投射型と比べ、圧倒的に見やすい表示画面を実現しました。
晴天日中でも深夜でも明るさは自動調整され、常に見やすく美しく表示されます。


 
運転視界に速度計/バッテリー電圧/時計等の多彩な情報を投射表示。
走行時の視線移動が減り、見慣れた車窓風景がまるで近未来SFのように変わります!

 

運転視界に速度計/バッテリー電圧/時計/方角/海抜高度等、多彩な情報を投射表示。前方から視線をずらさず安全に走行情報を確認できます。

GPSによる時計表示のため時刻合わせの必要がなく、常に正確な時刻を知ることができます。さらに速度も状況によっては車両標準のメーターよりも正確に表示されます。
さらに方角や海抜高度といったGPSならではの情報も表示可能です。

車内のシガーソケットにつなげてダッシュボードに固定するだけ、工具不要1分で設置完了。シガーソケットさえあれば、どんな車でも設置できます
※大型トラック等の24V車では別途「12V変換アダプタ」のご購入が必要です。

情報投射専用スクリーン装備。簡易なフロントガラス投射型と比べ圧倒的に視認性がよく、昼夜天候を問わず見やすい美しい表示を実現。スクリーン透過率は96%で前方の視界を妨げません。
表示デバイスは高輝度マルチカラーLEDディスプレイ採用。スマホ等の液晶に比べ、表示がはるかに明るく実用的です。

ダッシュボードの高熱にも耐えられる耐久性があります。動作温度: -40℃~+120℃、動作湿度:10%~95%。

日中でも夜間でも見やすい自動輝度調節機能付き。エンジン連動の自動電源ON/OFF機能付。

数万~十数万円以上する自動車メーカー標準ヘッドアップディスプレイと比べ、1万円台の圧倒的な低価格。

 

 【速度メーターについて】

車両標準装備のメーターは絶対に正確!と思っている方はいませんか?
じつは標準装備のメーターは、誤差が多少あるのが普通です。センサーにより車軸回転数を検出しそこから速度を算出する仕組みのため、例えば摩耗によりタイヤ径が変わったり、路面の状態により摩擦係数が変わっただけで誤差が出ます。
ちなみに車検時の許容範囲は、スピードメーターが40km/hに対して、実速度は30.9km/hから42.55km/hとなっています。つまり10km程度の誤差は普通に発生しうるということです。車検の基準がこれですから、車検前の車では自分では速度を守っているつもりでも実際には速度オーバー、ということは十分ありえます。
これに対し、GPSによる速度算出は、車の位置情報から算出しますので、理論的に車両標準のメーターよりも精度が高くなります。
現実的には衛星からの情報を受信する頻度等の問題がありますので、急激なスピードアップ/ダウン時は若干タイムラグのある表示となります。しかし高速道路等の一定の巡航速度を保つような場合は、車両標準のスピードメーターよりもより正確な速度表示が期待できます。(車両のスピードメーターと合わせたい場合は、設定により調整できます)

 

【外観】

【表示内容】

①多機能表示エリア:時計、電圧、海抜高度、衛星数、運転距離、運転時間
②自動明度調節センサー
③方角表示:N北、S南、W西、E東
④速度
⑤速度単位:KM/MPH(マイル)切替表示
⑥時刻表示アイコン
⑦運転距離表示アイコン
⑧海抜高度表示アイコン
⑨衛星受信表示
 
■仕様
・動作温度: -40℃~+120℃、動作湿度:10%~95%
・動作電圧: 5V~18V(12V/200mA)
・スリープ時電流: 30mA以下
・製品サイズ: 折りたたみ時135x68x30mm, 最大:135x68x56mm
・投射映像サイズ: 90x20mm
・映像デバイス: LED
・投射板透過率: 96%
・視認角度: 左右60°下15°

製造国:中国
保証期間:商品お届け日から1年間

内容物:ヘッドアップディスプレイ本体×1、シガーソケットケーブル(1.8m)×1、設置用マット×1、日本語マニュアル×1

 

【製品サイズ:使用時】

【製品サイズ:折りたたみ時】

  1. 付属のシガーソケットケーブルで、当製品と車のシガーソケットをつなげてください。
  2. 車のエンジンをかけると、自動的に当ヘッドアップディスプレイも起動します。
  3. 付属の設置用マットで、お好きな場所に当製品を設置してください。

以上です。通常の使用上は、設定は何もいりません。

※輸入車の一部にはシガーソケットがエンジンON/OFFに連動していないものがありますが、当HUDの設定によりエンジンON/OFFに連動するように設定も可能です。(本体の電源スイッチでのON/OFFも可能です)

Q. 私の車にも取り付け可能ですか?
A. シガーソケットさえあれば、すべての車両で動作します。ただし24V車の場合は、別売の「12V変換アダプタ」をご利用ください。
   
Q. OBD2版の「HUDネオトーキョー OBD-X1」との違いは?
A. OBD2版が車種を選ぶのに対し、当GPS版はシガーソケットさえあればどんな車でも利用することができます。ただし、OBD2版で提供されているタコメーターや水温といった車載コンピュータからの情報は当GPS版では利用できません。
 
Q. トンネルでは表示はどうなりますか?
A. 当HUDはGPS衛星との通信で速度を計算しています。このため衛星電波の受信できないトンネルや屋内では速度表示が正しく行えません。また、同じ理由で高層ビル街や高い木がたくさんある場所等でも速度が正しく表示されない場合がありますが、ご了承ください。

Q. 真夏の高熱にも耐えられますか?
A. 当製品の使用可能温度は-40℃~+120℃までです。当製品の生産工場は自動車用ヘッドアップディスプレイを数年に渡り製造してきており、十分な耐熱テストを行っております。

 

ページ上に戻る