夏季休業 8/8-10,13-16

MRC-2020 設定マニュアル

通常使用では特に設定を行う必要はありません。
設定がおかしくなった場合は、「設定初期化」で工場出荷時の設定に戻してください。

ファームウェア最新バージョン:20200506_V0.1

※設定メニューに入るには、いったん録画を停止する必要があります。
※設定メニューは上下スライドでスクロール可能です。
※ファームウェアのバージョンにより内容が若干異なります。

録画解像度:解像度の指定

ループ録画:指定した長さで録画ファイルが分割記録されます(これはドライブレコーダーの一般的な仕様で、事故時のファイルだけを上書きロックできるようにするためです)

録音:録音の有無

オート録画:オンにすると何も操作しない状態が30秒続くと自動的に録画を開始

緊急上書き:オンにするとmicroSDカードが容量一杯になると緊急ロックファイルも古いものから順次上書き

操作音:操作音の有無

リアカメラ鏡像:鏡像/正像表示切り替え(録画は常に正像です)

日時設定:日時を設定できます。GPS接続時は自動で正確な時間に更新されますので設定不要です。

日時表示:スクリーン上の日時表示の有無(録画ファイルには日時情報は常に記録されています)

言語:操作言語切替

周波数設定:蛍光灯の下でスクリーンを見たときの画面のチラツキを抑えるためのものです。東日本では50HZ、西日本では60HZに設定してください。(必ずしも行う必要はありません。録画ファイルのfps周波数とは異なります。)

スクリーンセーバー:指定した時間で画面が自動消灯します。スクリーンを消灯しているだけですので録画は継続しています。本体下のボタンを短押しで再点灯します。

Gセンサー感度:事故時の衝撃検知センサーの感度設定です。

駐車監視:駐車監視時の衝撃検知センサーの感度設定です。

音量:音量を設定します

GPS情報:GPSの受信状況が確認できます。緑色の部分が受信しているチャネルです。緑色バーがまったく出ていない場合、GPSが受信できていない可能性があります。

タイムゾーン設定:GMT+09:00(日本国内)に設定してください

スピードユニット:KM/H に設定してください

スピードリマインダー:設定した速度を超えると警告表示になります(GPS表示オンの場合)。

GPS表示:画面左の方角/速度表示の有無

上下反転表示:オンにするとリアカメラの表示と録画の上下(天地)が反転します。リアカメラを天地反転して設置した場合に使用してください。(トラブル発生のためリリース一時中断中)

12時制/24時制:時計表示の形式

自動輝度調整:スクリーンの明るさ調整の自動/手動を切り替えます。自動輝度調整はフロントカメラの明るさで行うため、フロントカメラの前に障害物があると適切に動作しない場合があります

ガイドライン:駐車ガイドライン線の表示有無を指定します。駐車ガイドライン用の配線を行っていない場合はこの設定は無効です

設定初期化:当設定内の設定値を工場出荷時の値に戻します

フォーマット:microSDカードをフォーマットします。録画を確実に行うため、フォーマットは2週間に一度程度行ってください 参考記事

バージョン:ミラーカムファームウェアのバージョンが表示されています。

x