公式ストア特別価格でご提供中

ドラレコで定期的なSDカードのフォーマットが必要な理由

ドライブレコーダーに使用するmicroSDカードは、2週間に1度程度のフォーマット(初期化)が必要になります。

これを「データが一杯になるからフォーマットが必要なのか?」と誤解される方がおられますが、そうではありません。

ドラレコは車内のかなりの高温下で、常に書込み処理を続けております。これは電子記録媒体としては他にないほど、過酷な環境です。
このような状況で継続して使用しておりますと、いずれ書込みエラーが出るようになります。また読み出しにも時間がかかるようになるため、ドラレコの起動や操作も遅くなることがあります。

書き込みエラーなく安定して録画を続けるために、定期的なフォーマットが必要になるということです。

なおデータが一杯になるのでは?という点ですが、仮にもドライブレコーダーでしたらすべての機種で、自動的に古いデータから上書きをしていきます。32GB程度のSDカードでしたら、通常は数時間も録画すればいっぱいになり、その後は自動上書きされていきます。
ですからファイル容量のためだけでしたら、フォーマットは不要です。フォーマットは、あくまで書き込みエラーを減らすためのものです。

なお「ミラーカム」シリーズでは、一般のSDカードよりも耐久性の高いSDカードを標準添付しています。これはフォーマット頻度も一般のものより少なくて済みますが、それでもフォーマット自体は必要です。