ミラー型ドライブレコーダーは壊れやすい?

ミラー型ドライブレコーダーは一般的な家電製品に比べ、壊れやすいという話をよく聞きます。

これはある意味真実です。理由を説明します。

まず、車に設置される製品は家庭で使われるのが前提の製品に比べ、かなり過酷な環境に置かれています。
夏場に屋外に駐車していて、運転しようと車に乗り込んだらステアリングが熱くてしばらく触れなかった、という経験はありませんでしょうか。
真夏の車内は最高で摂氏70度程度にまで達します。一般的な家電品、パソコン等でしたらそれだけで故障してもおかしくないような温度です。家庭用のプラスチック製品を車内ダッシュボードに置いておいたら熱で変形してしまった、という話もよく聞きます。
しかも暑さだけではなく、真冬の車内は凍結するような寒さにもなります。北海道などではマイナス20度以下になるような状況もありえます。前述のような高温にさらされたかと思えば、凍り付くような環境にもなるわけです。

ドライブレコーダーはそのような環境に毎日置かれています。もちろん車載用として設計されていますので、上記のような温度でも動作できるように設計製造され、熱テストも行われたうえで出荷されています。ただしこれが毎日ですから、精密機器としては非常に過酷な環境と言えるでしょう。

またドライブレコーダーは多くの家電製品と比べ、使用頻度がかなり高くなります。自動車通勤をしている方ならほぼ毎日1時間程度は使用することになります。普通のビデオカメラを毎日撮影するという方は、それが仕事の方以外にはかなり少ないと思いますが、ドライブレコーダーの場合はほぼ毎日使用されることになります。しかも上記のような熱と寒さにさらされたままでの毎日の使用ですから、機器の耐久性に与える影響はそれだけ大きくなります。

さらにミラーカムのような「デジタルミラー型」のドライブレコーダーの場合、普通のドライブレコーダーよりも不具合と感じる状況が大幅に増えます。

普通のドライブレコーダーでしたら、多くはミラー裏などの普段は視界に入りにくい場所に設置されています。また毎日録画を行っているとはいえ、実際に操作されることもほとんどありません。ですから仮に故障していてもあまり気付かれず、事故が起きてドラレコの録画を確認しようとして初めて故障に気が付く、ということもありえます。

これがミラーカムのようなデジタルミラー型ですと、運転時はほぼ常時スクリーンが目に入ることになります。毎日車通勤している方でしたら、毎日1時間程度はスクリーンを見ている状況になります。このような状況ですから故障があればすぐに気が付きます。

またデジタルミラーという製品性質上、普通のドラレコでは気にもされない点まで気になる場合があります。
例えば当社に寄せられるお問い合わせには「色合いがおかしい」「信号がちらつく」等もあります。一般的な(単に録画するだけの)ドラレコでしたらそのようなことは気にもされず気が付きもしないことが多いのですが、運転中常に映像を目にするデジタルミラーの場合は気にされてしまいます。また仮に電源電圧等の問題で「一瞬画面が消える」ような状況があった場合、普通のドラレコでしたら気付きもしませんが、デジタルミラー型ではすぐに気付いてしまいます。

このような違いがありますので、一般的な家電製品や普通のドライブレコーダーと比べ、デジタルミラー型ドライブレコーダーは不具合が多いと感じられることがどうしても多くなってしまいます。
ただ上記のように、過酷な使用環境でしかも毎日使用されるという状況にも関わらず長期に正常動作できるような設計になっており、実際にはむしろ一般製品よりも耐久性が高いものになっています。
またある意味不具合に気が付きやすいため、いざという時に録画されていなかった、という状況はむしろ普通のドラレコに比べ少なくなる可能性もあるでしょう。さらにデジタルミラー型ならすぐ手が届く位置にありますから、録画再生確認もすぐ行えます。

なお車両の純正品として提供されるドライブレコーダーやデジタルミラーは、ミラーカムのような後付け汎用型に比べると耐久性という面ではより高いものの、性能面では低くなり、また価格も大幅に高くなることが多いです。つまり純正品は性能からするとコストパフォーマンスが低いと感じられることが多いでしょう。

これは車両純正品として提供するために、性能よりも耐久性を重視しているためです。車体メーカーからの性能要求としても、車両本体と同様に数年間は故障が起きないよう、非常に高いレベルの耐久性が求められます。このため技術的にはすでに安定した、実績のある(つまり性能的には過去のスペックの)部品を使って作られることになります。また求められる耐久性を確保するためにテストを膨大に行う必要があり、さらに一般の電子機器よりも長期にわたるサポートが必要になるため、その費用もかさみます。
この結果、純正品は後付け品よりもかなり割高になるものの、長期の使用に耐える耐久性を確保、またはより長期の製品サポートを実現しています。

しかし後付けのデジタルミラー型ドライブレコーダーの場合、利用者からも最新の技術を積極的に取り込んだ製品を期待されます。しかし最新の技術や頻繁なアップデートは、どうしてもその都度新たな不具合の種を抱えることになってしまいます。そのような状況で長期の製品保証を実現するにはサポートコストを製品価格に転嫁するしかありません。しかしもともと新製品が出ると買い替える利用者も多く、そのような方々にとっては純正品並みの長期使用を想定した価格上昇はむしろオーバースペックとなってしまいます。

「ミラーカム」では、上記のようなことから、保証期間は発送日から1年間とさせて頂いております。
現実的に初期不良といえる問題は1年もあれば出尽くし、夏の暑さや冬の寒さといった季節性の問題も1年で一回りすることになります。
それ以降に発生する問題は個別の使用環境に依存するケースが圧倒的に多く(例えば屋根付きガレージのあるサンデードライバーと、露天駐車で毎日通勤使用の方では機器に与える負荷がまったく異なります)、また現実的には技術の進歩に伴い1年程度でモデルチェンジを行っていることもあり、1年間の保証が適切と考えています。

また仮に故障があった場合も、スクリーンをオフにすれば通常の鏡として使えますし、本体はゴムでくくりつけているだけですから路肩に駐車して1分で外すことができます。これさえ憶えておけば、いざ故障した場合も落ち着いて対処できるでしょう。