公式ストア特別価格でご提供中

リアカメラは車内と車外どちらがいいか?

ミラー型ドライブレコーダー リアカメラ

ミラー型ドラレコのリアカメラを設置する場合、車内と車外のどちらがいいのか?とよくご質問を頂きます。

まず大前提として、車内設置は初心者でも簡単にできますが、車外設置は手間がかかり難しいことが多いです。
初心者が自力で設置するならほぼ車内設置一択。自分で車をよく整備する方や設置業者さんに依頼するなら車種にあった設置を行いましょう。

その上で、車種によりどちらが向いているかは異なります。

車内設置向きの車種

下のような立ったリアガラスの車種では、車内設置をおすすめします。比較的強めのスモークでも問題ないことが多いです。

ミラー型ドライブレコーダー リアガラスに設置

ただし雨天時はリアガラスの水滴がじゃまになりますので、ワイパーが届く位置に設置しましょう。このようにすると、雨天時でも非常に鮮明で明るい後方視界が得られます。
リアワイパーがない場合は、ガラスコーティング剤を塗ってできるだけ撥水させるようにしてみてください。

車外設置向きの車種

逆にリアガラスが下のように強く寝ている車種では、車外設置をおすすめします。

このように強く寝ているリアガラスの場合、車内に設置するとリアカメラの視野に内装が写り込みます。またカメラがリアガラスから相対的にやや距離ができてしまいます。

このためリアカメラのセンサーが、明るい車外と暗い車内のどちらに明るさを合わせるべきか判断がつけにくくなります。この結果、映像の明るさが頻繁に変わりがちになります。

また角度がついているぶん、リアガラスのスモーク色もカメラから見た場合に相対的により暗く見えてしまいます。このため全体的に暗い映像になりがちです。

ただしこれは個人の許容範囲によるところも多いため、いったん簡単な車内設置を行ってみて、ご自身の目で見え方を一度確認することをおすすめします。
このような車種でも車内設置で問題ないとされている方も多くおられます。
「ミラーカム」シリーズは車内用と車外用の両方のブラケットが添付されていますので、いったん車内に設置した後に車外に付け直すことは問題なくできます。

 

なお車外に設置する場合は、ナンバー上に設置するケースが多いのですが、できるだけ高い位置に設置するのがおすすめです。

なぜかというと、ナンバー付近だと夜間に後方車両のヘッドライトを直接浴びる位置になり、映像がホワイトアウトしてしまう場合があるためです。

この場合、リアカメラを少し下向きにすることで改善できる場合もあります。
またこの点についても許容範囲かどうかは人により大きく変わります。そのようなものと思って特に気にされない方も多いです。

車外設置の場合、リアスポイラーの下に付けられればベストです。ただしこの場合もスポイラー部にハイマウントストップランプがあると、ブレーキ時にストップランプの光が写り込んでしまう場合がありますので、ご注意ください。

また車外設置の場合、カメラのガラス部にガラスコーティング剤を塗ることで、雨天時のレンズの撥水が期待できます。
前述のナンバー上やリアスポイラー下ですと直接雨がかかりにくく、雨天時も安定した視界になりやすいです。